FC2ブログ







「Yes!!」

昨日の十字架の兵士ととある学生との会話。

十字架の兵士「教会に行ったことはありますか?」
とある学生「はい、通っています」
十字架の兵士「そうですか!なぜ通っているのですか?」
とある学生「キリスト教だからです」
十字架の兵士「ということはクリスチャンですか?」
とある学生「はい、クリスチャンです」
十字架の兵士「私はいま福音を伝えていたのですが、クリスチャンなら福音は聞いたことありますよね?」
とある学生「はい、もちろんです」
十字架の兵士「そうですよね。では、福音とは何かわかりますか?」
とある学生「もやもやしていてわかりません。説明できないだけでわかると思います」
十字架の兵士「説明できないということはわかっていないのではないですか?」
とある学生「教会には親が行っているから行ってるだけで、私はよくわかりません」
十字架の兵士「では、今まで一度もイエス・キリストを心に受け入れたことはありますか?」
とある学生「ありません」
十字架の兵士「ではクリスチャンではないということになりますね」
とある学生「はい、クリスチャンではありません」
十字架の兵士「では、今から福音を簡単に伝えますので、聞いていただけますか?」
とある学生「もう行かなければなりません。さようなら」

「道端のものとは、こういう人たちである。そこに御言葉が蒔かれ、それを聞いても、すぐにサタンが来て、彼らに蒔かれた御言葉を奪い去る。」
この学生は救われているでしょうか。キリストを知らない人は教会に通っていても決して救われていません。

毎週教会に通い、自分のことをクリスチャンだと言っている私たちの家族や友人は、本当にイエス・キリストを知っているでしょうか。自分自身は、本当にイエス・キリストを知っているでしょうか。主に対する応答が単なる形式的な習慣にとどまらず、私の内なるものすべてが「Yes!!」というものでありますように。
[ 2015/06/16 21:17 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://thefireofgod.blog.fc2.com/tb.php/161-5b659c8d