FC2ブログ







重い皮膚病を患っている人は清くなる

アトピーの癒しを求めるにあたって示されたことが2つあります。

まず、アトピーの癒しについては主が特別な関心を持っておられるということです。マタイ10:8には、「病人をいやし、死者を生き返らせ、重い皮膚病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい」と命じられています。病人をいやし、と最初にあります。病人の中に重い皮膚病を患っている人も入るであろうに、なぜかその後病人と区別して重い皮膚病を患っている人を清くしなさいと命じられています。これは重い皮膚病の癒しについて神様の特別な関心があるからだと私は信じます。重い皮膚病というのをハンセン氏病のことだと解釈する人がいますが、その解釈は狭すぎます。仮に私が聖書の書かれた時代にいたとしたら、レビ記の規定により祭司たちから「汚れている」と診断されて隔離されていたでしょう。長い期間、肉体的にも社会的にも苦しみ続ける重い皮膚病を患う人について、主は特別な憐れみをもって癒すことを望んでおられることを信じます。

もう一つ聖霊様に悟らされたのは、私のアトピーの癒しについての祈りは100%答えられるということです。癒しを願う祈りは100%答えられます。「いや、実際は癒されないこともあるのではないか」と思うでしょうか。癒しを受ける人がクリスチャンである限り、癒しは100%実現します。なぜなら、私たちがやがて入る天国には病気がないからです。「神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである」ハレルヤ!癒しの御業を見ることは天国の前味を味わうことです。それは麗しく、栄光に満ちたものですが、すべての信仰者がやがて完全な癒しを味わうことになります。
[ 2015/03/20 20:08 ] Jesus Cafe | TB(0) | CM(0)

御業を覚え、定期的に思い出す

ビル・ジョンソン先生の「励ます力」という本を読んでいます。私たちは神様がしてくださったことを忘れてしまいやすい、神様がなさったことを覚え、定期的に思い出さなければならないと書いてあります。

このブログの目的の一つも神様の御業を証することです。忘れてはならないと思ってこのように書き記していますが、すでに風化しかかっている御業が多くあります。ここで私の祈りを通して、聖霊様を通してなされた主だった御業を記録してみます。

1.「キリストを信じても救われない。絶対に洗礼を受けない」と言っていた友人が3週間早天で集中的に彼の救いだけ祈ったら「悔い改めた。絶対に洗礼を受ける」と言って180度転換し、自殺願望を抱いてしまうほどの精神病も完治し、キリストの愛を伝える伝道者に変えられました。

2.「俺からポケモンをとったら何も残らない」と言うほどのポケモン廃人で、留年を繰り返し、聖書をシェアしてもすぐに寝てしまい、日曜日教会に行く約束をしても80%以上破ってしまう兄弟が、聖霊様の働きにより、聖書のみ言葉を武器に単位がとれるようになり、日曜日毎週通い、ポケモンをやめてみ言葉を黙想するようになりました。

3.「札幌に行くことが御心かこの集会で示してください」と祈った集会で札幌出身の人一人だけから話しかけられて導きをはっきりさせてくださり、その後の札幌移住で67万円のサポート、住む場所、職場といった必要が満たされ、通うべき教会が示されました。

4.今年の1月に10年越しの祈りが答えられて父がイエス・キリストを救い主として受け入れました。

5.大学に入る前に5年間も引きこもり、人見知りで内向的で全面的に自己中心だった私が、救霊の情熱に燃えて見ず知らずの人に声をかけ、伝道できるように変えられました。

主を賛美します。これからはもっと驚くべきことが起こると信じます。今までなさったことも小さいことではありません。事あるごとに主の働きを証して栄光を現し、信仰と勇気に燃えて新たな御業を見ることができますように。
[ 2015/03/20 19:49 ] Jesus Cafe | TB(0) | CM(0)

ベテルチームとジーザスカフェ

昨夜は居候していた兄弟の誕生日と洗礼の前祝いでバイキングに行きました。記念日を祝うというのは大事なことです。



これからの10日間に渡って、私にとって最高に熱い期間です。明日から29日までビル・ジョンソン先生のベテル教会の神学校、ベテルスーパーナチュラルミニストリースクールの学生5人がICFに来ます。彼らは奇跡のミニストリーのプロフェッショナルを擁立する神学校の学生たちで、聖霊の賜物の実践に秀でています。そして、24日から26日までは休みを取って沖縄のジーザスカフェに行きます。預言と癒しを豊かに受けることが期待できるわけです。

中野ゼロホール以後、私の信仰は右肩上がりに成長とは行きませんでした。すばらしい救いの働きも何件か起こったことは主を賛美しますが、神の声を聞くことと癒しについてはうまく行きませんでした。主から何か示されたように思えて従っても、期待と逆の結果が出てしまうことが何度かありました。アトピーは癒されず、いつものようにひどくなり、癒しに頼ろうとチャレンジする前よりも悪くなりました。皮膚は剥がれてしまい、夜もかゆみで眠れない日々が続いています。祈りの生活にも仕事にも差し支えています。

しかし、自分の思うようにならないからといって神様が良い方であることは否定しません。神様は良い方です。私の思うようになることがいつも最善とは限らないし、習熟するまでは何事も未熟さによってつまずくことはあるでしょう。今月のうちに主が癒してくださり、預言によって導きを与えてくださることを信じます。しかし、たとえそうならなくても、主よ、あなたは良い方、最高の方、賛美を受けるにふさわしい方です。ハレルヤ!
[ 2015/03/19 20:49 ] Jesus Cafe | TB(0) | CM(0)

貧しい人と病人

昨夜はまたもネットワークビジネスの集まりに潜入しました。そこでは「健康と経済」というテーマでの早稲田大学出身の口がうまい人の講演と料理の実演の時間がありました。

講演では健康については、日本人は水や食べ物や空気など、口に入るものが良くないので、97%が病死するという統計が出ており、経済については年金や社会保険があてにならない現代、老後を30年月並みな生活がしたいなら貯金が最低1億800万円必要であるとの話で、普通に働いていたら到底無理であるという話でした。そういう話からネットワークビジネスに誘導するということです。動機はさておき、多くの人が直面したがらない不都合な真実が語られていることは確かでした。

私は神学校時代から今に至るまでいろいろな仕事をしてきました。あるときは自転車便をしましたが、そこには最底辺の生活をしている人たちがいました。日払いバイトをしていたときは40代で会社辞めた人や生涯設計について何も考えていないかのようにその日暮らしで生きる若者がいました。いまの職場にもライブドアに勤めていた人やバブルのころに入社して都落ちし、ギリギリのところを食いつないでいるのに性格の難から上司に反抗的な人、前の仕事を退職してから貯金を食い潰しながら1年半引きこもってネットゲームに明け暮れた人など、いろいろな人生があります。彼らはそれぞれ魅力的で、自分の境遇をどこかで分かっていながら笑いとばすかのように明るく生きていたりします。しかし、このまま進めば、彼らの多くが貧困にあえぐようになるに違いありません。また、環境汚染による病気で苦しむ人々も多いでしょう。

日本が没落していくという推定は、悲しむべきことですが、厳しい現実です。同時に伝道者としてはリバイバルのチャンスです。貧しい人や病人が増えれば何が期待できるでしょうか。主の御業が現れることが期待できます。イエス様は「貧しい人は福音を告げ知らされている」とあえて言われました。貧しいは福音を受け入れやすいのです。また、イエス様は「医者を必要とするのは健康な人ではなく病人である」とも言われました。病人は医者なるイエス様にかかることができます。教会を紹介するときに、癒しの御業について話すことがあります。でも「どこか癒しが必要なところはありますか?」と聞くと、ほとんどの人が健康そのものだと答えるのでほんの少しがっかりします。病人が増えれば嘆きもありますが、主の御業が現れるチャンス到来です。主を知らないこの国はこのまま安穏としてはいけません。大いに揺さぶられなければなりません。
[ 2015/03/17 21:26 ] Jesus Cafe | TB(0) | CM(0)

私の家の門をくぐる人が皆

わたしたちではなく、主よ
わたしたちではなく
あなたの御名こそ、栄え輝きますように
あなたの慈しみとまことによって。

昨夜居候していた友人が両親と和解して実家に戻りました。私の家に滞在中、ICF教会に行き、イエス・キリストを主として受け入れ、毎日聖書をシェアし、聖霊のバプテスマを受け、22日には水のバプテスマも受けることになりました。ハレルヤ、栄光の主の御名をたたえます。本当はもっとじっくり聖書を学ぶ時間があれば良いのですが、彼が4月から就職で函館に行くため、派遣する前にはっきりとした決断があると良いということでの処置です。私の家に来た人が、イエス様を知ることができたことを本当に感謝しています。

最近は伝道するとき、相手が旅行者であっても福音を最後まで伝えるようにしています。以前は自分の教会につながる可能性が低い人はパスしていました。今は伝道者として、たとえ相手と地上で再会する見込みが低くても、福音だけはしっかり伝えます。それをきっかけにイエス・キリストを知るようになるかもしれないからです。先週はそれで旭川在住の人が、近くの教会に行ってみると約束してくれました。彼が実際に行くかどうかはわかりませんが、私ができるだけのことをしたことは主がご存知です。一度しか会わない人、一時的にしか関われない人に対しても責任を果たしたい。

ホームステイ先がクリスチャン家庭で、それで留学中に教会に通っていたという人を何人か知っています。しかし、残念なことは彼らが皆信仰を持たずに日本に戻り、日本では世的な生活を続けているということです。どうか私と関わり、私の家の門をくぐる人が皆、主イエス・キリストと出会うことができますように。
[ 2015/03/12 23:35 ] Jesus Cafe | TB(0) | CM(0)

あなた以外何も見たくはありません

私の愛するお父様、私は御名を叫びます。あなたの臨在にとどまることができなくて、苛立つ私を憐れんでください。

愛してやまない主よ、どうかあなた以外何も見えないくらい私をしっかり握り締めてください。私の目が世のものに向かわないように私の心をあなたのもとにとらえていてください。私はあなた以外何も見たくはありません。世のものは消え去りますが、あなたは永遠に生きておられる私の神です。

聖霊様、絶えず私の心に語ってください。主との交わりの喜びで私を満たし、新しいぶどう酒で酔い知らせてください。私の内にあるものすべてがあなたを褒めたたえ、あなたのふところで安らぐことができますように。

あなたの御約束はいつも真実です。御前に不可能はありません。大いなる御業、しるしや不思議を行って世の人を驚かせてください。彼らが知ることができますように。あなたこそ天地を造られた真の神であり、他にはいないということを。
[ 2015/03/07 22:53 ] Jesus Cafe | TB(0) | CM(0)