fc2ブログ







悪い言葉を一切口にしてはなりません

「悪い言葉を一切口にしてはなりません。むしろ、人を建て上げるための恵みの言葉を必要に応じて語りなさい。」

東京にいた期間、あちこちで悪い言葉が飛びかっていることがわかりました。それによって傷ついている人がいることも知りました。悪魔は分裂の霊です。悪魔はクリスチャンが連合すると全く対抗することができないのを知っているので、何とか仲違いさせようと、互いに悪口を言い合うようにそそのかします。

悪い言葉は交わりを破壊します。私が最も尊敬するクリスチャンはジョン・ウェスレーです。ウェスレーいわく、「陰口は暗殺に等しい。なぜなら、その人の評判をひそかに抹殺してしまうことだからだ。」私たちは何人暗殺してきたでしょうか。だから、人に対する非難というのは、本人に直接罪を指摘することや偽教師に対する警告を発することなど、聖書が認める場合に限定しなければなりません。聖書が認める場合にも、細心の注意が必要です。そして、極力人を肯定的に見て、愛の章に「すべてを信じ」と書いてあるとおりに信頼してあげることです。

しかし、多くのクリスチャンがこのような聖書の基準から脱落しています。聖霊様はとても繊細な方です。悪い言葉を聞くと悲しんで去っていってしまいます。聖霊様を悲しませてはなりません。

日本最大の教会は大和カルバリチャペルです。大川従道先生のプロテスタント150周年のときのメッセージで、この教会が祝福された秘訣を知りました。信徒の悪口を言っていたことを悔い改めて、公に告白したことです。それでリバイバルが起こり、70人の教会から1,600人に増えました。悪口を悔い改めたことが聖霊様に喜ばれたのです。
[ 2015/01/12 01:10 ] Kingdom has come! | TB(0) | CM(0)

何がどのように癒されたかのまとめ

昨夜電話で祈って、さらに一人風邪でダウンしていた兄弟が癒されました。今朝癒された兄弟と会ったら、癒されたことを見せるために半袖で現れました。ハレルヤ!

主が行われた御業を記録しておくために、何がどのように癒されたかまとめます。6人のために祈って4人が癒されました。

1/8
1.当日歯周病と診断され、水がしみて痛かった兄弟が癒した後水を飲んでも痛みを感じなくなりました。

1/9
2.耳なりと網膜剥離の症状がある兄弟のための祈りましたが、その場では変化が見られませんでした。(後から癒しを実感することも多々ある)
3.右ひざの痛みを感じるご高齢の婦人のために祈ったら痛みがなくなりました。
4.喫茶店でノンクリスチャンのご高齢の婦人のために祈りましたが、その場ではとりわけ変化が見られませんでした。
5.集会後、喉と肩の痛みをうったえる兄弟のために癒したら、がらがら声だったのが声が普通に出るようになり、肩の痛みも去りました。
6.最後は上記の電話祈りによる癒しです。

ハレルヤ!主に栄光をお返しし、感謝をささげます!

このような聖会のときにだけ祈るのではなく、札幌に戻った後も継続的に病のための癒しの祈りを行っていくつもりです。福音派、聖霊派問わず、教会で癒しが起こるか起こらないかは、癒しのために祈るか祈らないかというだけの違いです。「本当に癒されるだろうか?答えられなかったらどうしよう」という悪魔が与える恐れを信仰で乗り越えて、2日間に起こった御業を思い起こして奮い立ちながら、何が何でも祈り続けます。
[ 2015/01/10 14:50 ] Kingdom has come! | TB(0) | CM(0)

喫茶店で主の栄光を高らかに語っていると

今日の集会でも最高に熱い賛美と祈り、チャレンジに満ちたメッセージがあり、多くの癒しが起こりました。私は日本でこのような熱い集会が行われることがあるということを全然知りませんでした。

タイ王国以来、聖霊様を求めて外に出るようになりましたが、神様を知る知識、霊的な世界における働き、クリスチャンの信仰の奥義というのは限りがなく、どこまでも奥が深く、極めがたいということがわかりました。これですべてだ、ということは決してないのです。神様は無限大の方なので、味わい尽くすことができません。飽きてしまうということはありえません。だから天国というのは永遠ながら絶対に退屈することがない場所であるし、この地上での短い人生はなおさらのことです。これから神様をもっと深く知っていくことが楽しみです。毎日楽しくて仕方ありませんが、これからますます楽しくなるでしょう。

集会の合間、喫茶店で仲間の兄弟に預言をし、神様に頼る生活のすばらしさ、神様の真実さを延々と語っていました。熱く語っていると、隣のご高齢の婦人が話に引き込まれたのか、「あなたたちキリスト教徒ですか?良いわね」と、声をかけてきました。これで5回目くらいだったか、主の栄光を高らかに語っていると時々こういうことがあります。「あなた神父さんみたいね」とか言われました。ノンクリスチャンの婦人でしたが、腰を痛めていたので、癒しのためにその場で祈ってあげました。

集会中も含めて、私が癒しのために祈った人数は2日間で5人です。そのうち3人は痛みが去ったことを証ししました。ハレルヤ!憐れみに満ちた主を賛美します。東京にいたころに伝道した兄弟とばったり会って、一緒に最後の集会に参加できたのも恵みであり、感謝でした。
[ 2015/01/09 23:34 ] Kingdom has come! | TB(0) | CM(0)

預言の実践と異言の導き

ビル・ジョンソン先生の教えの要というのは、「信じて実践する」ということに尽きます。

集会後、愛する兄弟2人と共に食事をしました。テーブルについてすぐ、私は「これから預言の実践をさせてほしい」とお願いしました。最近YouTubeの動画で預言の実践方法を学び、機会があれば実践するようにしているのです。これが2回目の機会になりました。動画は以下の2つです。ビル・ジョンソン先生の運営している神学校の生徒による集会の動画です。奇しくもICFのジェリー先生とジェラルド先生も登場します。私は聖霊様に導かれて正しい教会選択をしたということです。

m.youtube.com/watch?v=x0QUGF_CNhA

m.youtube.com/watch?v=N9ceNSMOTQA

やり方を2人に説明した上で、実践したところ、第一ヨハネ4:18の「愛には恐れがない」という御言葉が与えられてそれの解釈をしました。すると、その兄弟の状況にピタリと当てはまる御言葉だったらしく、感動していました。前回も御言葉が与えられたので、私の場合は聖書暗唱の賜物があるからか、御言葉預言が与えられやすいのかもしれません。

私が実践方法を説明するのを聞いていた兄弟が、私に対して預言しました。しかも、それは彼が絶対に知るはずのない具体的な事柄で、励ましに満ちた内容でした!ハレルヤ!どのような内容だったのかは今は公開できませんが、そのうち公にします。その兄弟の場合は私に関する鮮明な映像が与えられたそうです。後でその兄弟がもう一度預言の実践をしたときも、鮮明な動画が与えられました。

主から示されたことについて、あまり相手にされないことがあります。私自身が感動して主からの示しを受け取っているのに、「この人だったらもっと共感してくれると思ったのにな」という反応を受けることがあるのです。それで、主にそのことを祈っていたときに与えられたのが、「幻はすべて実現する」という御言葉です。たとえ他の人が共感してくれなくても神様は示されたことを必ず実現してくださるのだから落ち込むことはないのです。

食事のあと、3人で友人宅に行って寝ることになりました。私はそのうちの一人がまだ異言で祈ることができないことを思い出しました。一度もやったことはありませんでしたが、その兄弟が異言が与えられるように導いてみました。するとすぐに主が触れてくださり、本人もはっきりわかるように異言が与えられました。ハレルヤ!
[ 2015/01/09 07:06 ] Kingdom has come! | TB(0) | CM(0)

癒しを実践する

ビル・ジョンソン先生のメッセージは最前列で聞くことができました。大きな集会で講壇に立ってメッセージを語る一握りの人ではなく、すべてのクリスチャンが主の御業に用いられることをチャレンジすることがすばらしいです。誰でもイエス・キリストが行った業を行い、もっと大きな業を行うことが可能なのです。

最後の祈りの時間には、ビル・ジョンソン先生自身ではなく、聴衆によって癒しを実践する時間がありました。「知識の言葉」によって一緒に参加した兄弟の歯周病が示されました。それで、私が癒すことになりました。ビル・ジョンソン先生の指示通りに歯周病に命令し、「痛みよ、消え去れ」「歯周病よ、癒されなさい」と主の御名で命令しました。ところが、兄弟は変化を感じなかったようです。2回目に祈る時間があり、もう一度同じように祈りました。何も感じませんか?と聞いたら「1回目のときから何か感じはしていますが、治ったかどうかはっきりしません」と言われました。後で水を飲んだらそれまで痛みで染みていたのに、痛みがなくなっていました。癒されていたのです。ハレルヤ!

会場の1,000人くらいの人々のうち、1/3は癒しを体験しました。その中には、癌の癒し、耳の聴力の回復、事故の後遺症の癒しが含まれています。手話席で参加していた人も聞こえるようになり、手や足が動かなかった人も、振り回せるくらい動かせるようになり、喜んでいました。それらの癒しはビル・ジョンソン先生ではなく、一人一人の聴衆によってなされたのです。ハレルヤ!恵み深い主に感謝します!
[ 2015/01/09 06:37 ] Kingdom has come! | TB(0) | CM(0)